登録商標を修正したい

商標の要旨変更

「拒絶理由が通知されたので、商標を変更したいです」と相談されました。

原則として、出願した商標は修正することができません。
例外として、商標の付記的な部分(特許、JIS、ISOなど)の表記は削除することが可能です。

仮に商標を修正した場合、要旨を変更するものであると認められた場合には、
その補正書を提出した時に出願したものとみなされます。

商標法第9条の4

願書に記載した指定商品若しくは指定役務又は商標登録を受けようとする商標についてした補正がこれらの要旨を変更するものと商標権の設定の登録があつた後に認められたときは、その商標登録出願は、その補正について手続補正書を提出した時にしたものとみなす。

このように出願商標を修正することは、原則としてできません。




また、一度登録した商標も、修正することはできません。
商標法においては、特許法でのような、訂正審判がありません。
ですので、商標を修正する機会はありません。

また商標の場合、商標に修正を加えると、その商標の印象が全く変わってしまうこともあり、
そのような修正を認めてしまうと、法の安定性を害してしまうおそれがあります。
よって登録商標の修正は認められません。

商標を修正したい場合には、修正した商標を別途出願するしかないでしょう。