権利を放棄したい

商標権が消滅するとき

商標権の効力は、設定登録に日から10年間で消滅します。
更新をしない場合には、10年間で権利がきれます。

この他にも、商標権が消滅する場合があります。

・登録異議申し立てにより、商標登録が取り消されたとき
・取消審判により、商標登録が取り消されたとき
・無効審判により、商標登録が無効にされたとき
・相続人が不存在のとき
・商標権を放棄したとき


このような場合には、商標権が消滅します。




商標権を放棄したい場合には、
指定商品または指定役務ごとに放棄することもできますし、
権利全体を放棄することもできます。

商標権を放棄するときは、特許庁に商標権を放棄する手続きを行う必要があります。
そして商標権の放棄は、商標原簿に消滅が登録されたときに効力が発生します。
ただし、登録費用は返還されませんのでご注意ください。