権利を移転させたい

移転と譲渡の違い


よく、「移転」と「譲渡」はどう違うのですか? と質問されます。

「移転」には、「譲渡」と「相続その他一般承継」が含まれます。
ですので、「移転」の方が「譲渡」よりも広い意味を持ちます。

商標権を移転する場合、

「譲渡」の場合には、登録しなければ効力が発生しません。
「相続その他一般承継」の場合には、遅滞なく、その旨を特許庁長官に届け出る必要があります。

「譲渡」の際には、譲渡証書などの提出が必要となります。
「相続の場合」には、遺産分割協議書などの提出が必要となります。




移転できない商標権もあります。

① 国若しくは地方公共団体若しくはこれらの機関又は公益に関する団体であって
営利を目的としないものの商標登録出願であって、4条2項に該当する商標権は「譲渡」できません。
※ 「相続その他一般承継」はできます。

② 公益に関する事業であって営利を目的としないものを行つている者の商標登録出願であって、
4条2項に該当する商標権は、その事業とともにする場合を除き、「移転」できません。
※ その事業とともにする場合は「移転」することができます。

③ 地域団体商標に係る商標権は、「譲渡」できません。
※ 「相続その他一般承継」はできます。