更新を忘れた場合は…

追加の登録料金

商標権の存続期間は、更新することができます。
更新の時期は、存続期間の満了前6月から満了の日までです。
特許庁からは、更新時期について何ら通知されませんので、
期限の管理は、自分でするか、弁理士事務所に依頼するかのどちらかになります。

自分で期限管理をしている場合は、ついうっかり更新するのを忘れてしまった・・・
ということも、よく聞く話です。

更新を忘れてしまった場合または、期間内に更新をすることができなかった場合は、
更新期間の経過後、6月以内であれば更新することができます。

ただしその場合、割増登録料を支払わなければなりません。
更新できなかった理由は問われません。

この期間中に更新しなかった場合には、存続期間の満了の日にさかのぼって商標権が消滅します。




上記の更新期間中にも更新できず、商標権が消滅してしまった場合…
商標権を回復させることができます。

ただし条件があります。

① 更新期間内に更新できなかったことに、正当な理由がある

② 理由がなくなった日から2月以内

③ 更新期間(存続期間満了後6月)の経過後、6月以内

この条件を満たしている場合には、商標権を回復させることができます。

通常の更新料金に加えて、割増登録料が必要です。